当クリニックでは上部消化管(食道・胃・十二指腸)と下部消化管(大腸)の内視鏡検査・検診を行っています。

経鼻内視鏡
(内視鏡の太さは5.4mmから6.75mmとなっていて
最大径でも一般的な鉛筆より1mm以上細くなっています。)

当クリニックでは経鼻内視鏡で初めてハイビジョン画質に対応したオリンパス社製の経鼻内視鏡を採用しています。

経鼻内視鏡は従来の口からの内視鏡に比べ検査時の吐き気・不快感が大幅に少ない検査法と言われています。

また検査中も会話が可能なため質問をしたいとき、気分を伝えたいときお話ししていただくことができます。

 

鼻から内視鏡が入らない方、口からを希望の方は経口にて検査をさせていただきます。

ご希望により検査中の苦痛を和らげるための鎮静剤の注射を上部消化管検査及び下部消化管検査ともに使用することができます。ご希望の方はお知らせください。