院長ごあいさつ

【 さいたま中央クリニック 】の院長 住永佳久 でございます。

昭和54年(1979)自治医科大学卒業後約10年間に亙り郷里徳島県の僻地医療に従事し、平成元年(1989)に、【自治医科大学付属大宮医療センター:現さいたま医療センター】の助手として採用されて以来、埼玉県人として31年目になります。

さいたま医療センターでは消化器一般外科助教授(准教授)として、主に肝臓・胆道・膵臓の外科手術を担当していました。平成17年(2005)には、赤羽にあります【東京北社会保険病院:現東京北医療センター】に転籍し、病院長として病院経営も学ぶことが出来ました。

外科診療の第一線から退いた後、平成29年(2017)からはさいたま市浦和区原山の【医療法人博仁会共済病院健診センター長】として、健診・予防医学の経験を積むことが出来ましたのも幸いだったと思っています。

今後は地域の皆様の健康増進に寄与するべく職員全員で、誠意のある適切な外来診療サービスに努めていく所存です。

理念

地域の皆様に愛され、親しまれ、信頼されるクリニックとなることを目指し 、全職員が揺るぎない真摯な気持ちで、受診者様に優しく寄り添い 、地域社会の健康増進のために尽力してまいります

基本方針

① 受診者様の権利と尊厳を重視し、安全で質の高い医療を提供します

② 地域の医療施設との連携を大切にし、必要に応じて積極的に 高度先進医療機関への迅速な

 紹介および情報提供に努めます 

③ 職員は自己研鑽に努め、常に笑顔で優しく受診者様に対応し、 誠実な態度できめ細やかな

 外来医療サービスを提供します。