内分泌内科では、糖尿病(1型・2型)、脂質異常症、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症などの疾患について診療を行ないます。

具体的には

  • 生活習慣指導からインスリン治療に至る多様な治療法を的確に選択し、治療継続を支援しています。
  • 血糖値のみでなく、肥満・血圧・脂質等に対する包括的医療を推進し、慢性合併症の予防と早期発見・早期治療に努めています。
  • 甲状腺に特化したスクリーニング検査を行い、必要に応じて甲状腺超音波や頚部CTなどの精密検査を行っていきます。