睡眠時無呼吸症候群(SAS)        SASスクリーニング検査

SASスクリーニング検査は、日中の突然の眠気、居眠りなどによる事故が問題となり「事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル」の中での「推奨検査」とされています。お仕事で自動車の運転をされる方、お車の運転の機会が多い方にはぜひ受けていただきたい検査です。

お車の運転の多い方の他にもこういった方にもお勧めします。
  • 日中強い眠気、疲れを感じる方。
  • 眠っている時呼吸が止まっている、いびきがうるさいと言われる方。
  • 重機、工作機器の操作など危険を伴う作業をされている方。
  • 授業中の居眠りで成績の低下が気になる方。

事故だけではなく、高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など循環器病を合併する危険が高まることがわかっています。

スクリーニング検査はご自宅で就寝時に指先にモニターを装着して検査します、睡眠時無呼吸症候群の基準値を超えた場合精密検査(入院が必要)を行います、また症状が重度な場合直ちに治療を行うこともあります。精密検査、治療(CPAP)については対応可能な医療機関に紹介いたします。

詳しくは当クリニックまでお問い合わせください。

人間ドック・健康診断から予約を受け付けています。

いびきが気になる 無呼吸ラボ