さいたま中央クリニックでは新型コロナウイルス抗体検査を行なっています。

血液を用いたECLIA法(電気化学発光免疫測定法)でキットを用いた迅速検査と比べて精度が高い検査です。

新型とついているように新しいウイルスのためどのような免疫反応が起こるかはっきりしたことは言えませんが、一般的にウイルス、細菌感染ではIgM抗体が最初に作られ、その後IgG抗体が出現します。IgM,IgG抗体の総量を定性的に測定する検査となります。

新型コロナウイルスに関してはまだわからないことも多く、終生免疫注1ではなさそうだという意見も多くみられます(従来のコロナウイルスよる風邪は何度も感染することがある等)。

新型コロナウイルス抗体検査で陽性判定が出たとしても、免疫を獲得して今後感染しないとは言い切れません。

またどの程度抗体がウイルスを除去できるかもわかっていないので、抗体があるから大丈夫などと過信はできません。

規則正しい生活を送ることが感染対策には重要です。

注1:一度そのウイルスや細菌に感染すると(ワクチン接種も含む)、一生その感染症にはかからないという免疫を「終生免疫」といいます。
  麻疹、水痘、猩紅熱、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、百日咳など